これで安心!海外旅行保険 総合ランキング

自分にピッタリの保険がみつかる!海外旅行保険ランキング総集編

海外旅行保険なんでもQ&A

旅行当日でも大丈夫?家族の分まで補償されるの?そんな海外旅行保険にまつわるよくある疑問や質問をピックアップして、わかりやすいようにQ&A形式で回答しています。

海外旅行保険の気になるギモンを解決!

Q.契約者の家族の分も補償されますか?

A.保険会社によって条件が異なりますが、多くの場合、申込人(契約者)と同居、同姓の家族を、保険の対象者(被保険者)とすることができます。


Q.未成年者でも海外旅行保険に加入できますか?

A.お子様を含む家族の旅行には、多くの保険会社が「ファミリープラン」で対応しています。


Q.出発日当日でも申し込むことができますか?

A.多くの保険会社が、出発日当日の申し込み契約に対応しています。


Q.クルマの事故も補償されますか?

A.海外旅行のために国内での出発地から帰着するまで、基本的に補償されます。もちろん事故により生じた現地での医療費用も日本帰国後の医療費用も対象になります。

国内・海外の場合でも事故にあった場合は、必ず事故証明書を取得してください。これがないと海外旅行保険の支払い対象になりません。


Q.海外旅行保険の対象外のものはありますか?

A.ケンカなど自分の責任によるケガや、戦争や内乱などに巻き込まれた場合は適用されません。登山、ダイビングなど危険なスポーツが目的の海外旅行の場合や、レンタカーの事故も適用外なので、別の特約が必要になります。

また、病気の治療費用のうち、持病、出産及び婦人科の病気、歯の病気は補償されません。また携行品の補償でも、置き忘れなど自分の責任によるものは補償されません。


Q.海外旅行で買ったお土産なども携行品損害の対象になりますか?

A.購入したものが旅行者が所有する身の回り品であれば、旅行中に発生した損害について対象となります。


Q.海外旅行がキャンセルになった場合、支払った保険料は戻りますか?

A.都合により旅行をキャンセルしたりして、保険期間開始前に保険契約の解約の申し出をされた場合には、支払った保険料が戻ってきます。


Q.旅行のスケジュールが延びた場合、保険期間の延長手続きは必要ですか?

A.飛行機の遅延や病気の治療などでやむを得ず旅行スケジュールの帰国日が変更となる場合は、多くの保険会社が72時間を限度として自動的に保険期間が延長されます。72時間を超えるときは保険期間延長の手続きが必要です。

※いずれの場合も一般的な見識をまとめたものです。保険適用諸条件など保険会社によって異なる場合がありますので、詳細についてはご自身が加入される海外旅行保険を確認してください。

 
 
 
これで安心!海外旅行保険 総合ランキング